MeePetを普通のAndroidのように使う

はじめに

3,980円で売られていたSOURCENEXTのMeePetを購入した。
本来のリモート会議のために使うことはあまり考えておらず、音楽を再生するためのプレイヤーのように使えないかなと。
(最安値の2,180円も狙っていたが、モノ自体が無くなりそうだったので購入)

ちゃんと調べずに購入してしまったので、以下の点が想定と異なっていた。

  • 電源ボタンしか存在しない。音量ボタンとかは無い。これが一番不便。
    • 当然ソフトウェア的な音量調整は可能だが、このデバイスだと細かい音量調整は出来なくなっている。
  • バッテリーが内蔵されている。個人的にはバッテリーレス運用したかったのでやや残念。(あると便利なので使っちゃいるが)

普通のAndroidのように使えるところまで来たので、 その手順を記載する……と言いたかったが、
試行錯誤を繰り返したこともあり、よく分からなくなってしまった。
そのため、ポイントだと思うところを記載しておく。

USBデバッグを有効化

MeePetのWi-Fi設定画面は通常のAndroidの設定画面になっている。
そのため右上の虫眼鏡マークから設定項目の検索が可能。 これを使用して、開発者オプションを有効化しUSBデバッグを有効にする。

USBデバッグを許可する

MeePetのUSB type-cポートにadbコマンドを使用可能としたPCを接続し、再起動する。
USBデバッグの承認ダイアログが表示されるので承認する。

ホームアプリを設定する

adbでMeePetに接続して標準のホームアプリを無効化する。

adb shell pm hide com.sourcenext.android.app.meepethome

その後、適当なホームアプリをインストールし、再起動をする。 再起動後にインストールしたホームアプリが表示されることを確認する。

Androidの設定画面から、MeePetのホームアプリの設定を開き「他のアプリの上に重ねて表示」を無効にする。

おわりに

ここまでおこなえば、多分普通のAndroidのように使えるようになるはず。当然AOSPになるのでGoogle Play Store等のGoogleアプリは使えないが。
必要に応じて、F-Droid等をセットアップしてアプリをインストールすればよい。

なお、通知やナビゲーションボタンは無効化されており、私には有効化出来なかった。
私の場合、代わりとなるジェスチャーコントロールや通知ウィジェットをインストールしている。

(余裕があれば、スクリーンショットの貼り付けまでしたい。)